ニキビ化粧水の作用を高めるスキンケア

大人ニキビの対処法~ニキビ化粧水の基礎知識~

大人ニキビの対処法~ニキビ化粧水の基礎知識~

思春期のニキビは、適切な洗顔をすれば自然と治っていきます。しかし大人の時にあらわれるニキビは、正しい洗顔を繰り返していても再びできてしまいますね。大人のニキビは、なぜできてしまうのでしょう。ニキビは思春期のニキビと違い、原因がいくつもあります。そのため、対処法もそれぞれに合わせたものでなくてはいけませんので、大人ニキビを治療することは難しいと言えます。
ニキビ跡、化粧水で一番効くのは?

大人のニキビの主な原因は、肌の乾燥や心理的要因のストレスです。 肌が乾燥すると、肌の再生周期が遅れてしまいます。 そのため角質が厚くなり毛穴を塞いでしまいます。 また、ストレスは男性ホルモンを多量に分泌させてしまいます。 男性ホルモンが分泌されると、皮脂も分泌します。 これが毛穴を塞ぐのでニキビができてしまうのです。

大人のニキビには、肌の再生能力を高めてやる必要があります。 これはクリニックなどで厚くなった角質をピーリングではがし、乾燥を防ぐため保湿をしっかりとしてやると良いでしょう。 現代社会、ストレスを受けないというのは逆に難しいため、ためない工夫も必要ですが、発散する手段を持つことも大事です。

運動をして体を動かしたり、好きな音楽を聴いたり、大きな声で歌を歌ったりと方法は様々です。 ストレスの発散方法は、人それぞれに合った手段があります。 またその時の気分によって効果的な方法が違いますので、手段は複数持つようにしましょう。

さて、食物の中にはニキビのできやすい食べ物があります。 それは炭水化物で、主に主食に多く含まれています。 炭水化物は消化されると糖分になります。 糖分は油分へ変わり、脂肪の原因になります。 しかしだからといって炭水化物を極端に抜いた食事は体を弱めてしまいます。

炭水化物は、体のエネルギーにもなりますから、朝は充分に摂取し、夜は控えるようにすれば良いでしょう。 糖分が脂分に代わるのですから、ケーキやチョコレートといった食品も摂り過ぎは注意しなければなりません。


思春期ニキビと大人ニキビの原因

ニキビについてどのくらい正確に説明できるでしょうか。 思春期に出る吹き出物、脂が多い食事の後や、ストレスにさらされた後に出てくる吹き出物と単純に考えていませんか。 年齢を問わず、ニキビに悩んでいる方は多いかと思います。 では思春期に出るニキビはどのような原因があるでしょうか。

ニキビは男性ホルモンが活発に働き、毛穴から皮脂が分泌されるためです。 年齢的には十代前半です。 しかし、この頃の毛穴は小さく、皮脂が毛穴から上手に排出できません。 そのため毛穴に汚れや皮脂が詰まり、ニキビになってしまうのです。

特に角質層が固い男性の肌は、ニキビ痕が残りやすいようです。 ですがケアの方法を誤れば、女性でも痕が残ってしまいます。 思春期ニキビの適切なケアとは、どういうものでしょう。 洗顔をこまめにしたり、硫黄成分の薬でニキビに塗付することなど、外側からのケアは良く知られていますね。

これに加え、油の多い食事や菓子を控えること、女性ホルモンの分泌を促し肌の再生を助けるため、早寝早起きの習慣をつけるなど内側からのケアも大事になってきます。 内側からのケアは生活習慣もそうですが、心理的な要因もあります。 十代前半と言えば、中、高校生ですね。この時期は、勉強や人間関係の難しさなどストレスを多く感じる時期でもあります。

適度に体を動かし、ストレスを発散させることにより、肌の修復力も高まりますので、ぜひ試してみてください。 では思春期ニキビとは違って、大人になってからできるニキビの原因はなんでしょう。

ニキビが現れる部位は、顔だけではなく胸や背にまで範囲を広げます。 さてその内顔にできるニキビの原因は、毛穴が汚れや皮脂などが炎症を起こすことでできてしまいます。 毛穴の汚れとは、メイクを丁寧に落としていなかったりした場合に残ります。

肌を傷つけるような洗顔方法もニキビの原因になります。 特に顔の肌は、常に表にさらされているので弱く敏感です。思春期ニキビ対策の様に食事内容や、生活習慣を見直すことはもちろんですが、洗顔方法の見直しもしましょう。

↑ PAGE TOP