ニキビのない美肌を目指すなら、食事バランスを整えましょう!

ニキビ化粧水~食事の改善でニキビ跡をきれいにしよう~

ニキビ化粧水~食事の改善でニキビ跡をきれいにしよう~

顔に残ってしまったニキビ跡を消そうと思った時、エステに行ったりクリニックで治療を受けようと考える人が多いのではないでしょうか。または化粧品の力でお肌を元通りにしたいと考える人もいるかもしれません。

でももっと身近な方法で、しかも根本的に皮膚をキレイにしようと 努力している人もいるようです。 たとえば食事の改善という方法をとるのです。 ニキビができる原因は洗顔方法が誤っていることや ストレスなどもあります。 でも食事が占める割合もかなり多いのです。

ニキビができやすい人でも、食事に気を付けて生活すれば、 お肌の状態がかなり良くなって、ニキビができにくくなることがあります。 ただ、ちょっとだけ改善してもあまり変化はないので、 食事を根本的に見直して、その生活を長く続けることが大切です。

食事を摂る際にまず気を付けなければならないのは、 脂肪分を控えることです。 脂肪の多い食事は美容に良くないと分かっていても、 おいしいし食べごたえがあるのでつい口にしてしまうものです。

もちろんバランスの良い食事をすることも大切ですが、 まず第一に脂肪を減らすことを考えましょう。 脂肪は人間にとって必要な栄養素ではありますが、 現代の食事には必要以上に多い量の脂肪が含まれていて、 意識しないとほとんどの人が脂肪の取り過ぎになってしまうのです。

お菓子やファストフードも要注意です。 ついお腹がすくとこうした物を食べてしまいますが、 ニキビのもとになってしまうので避けるようにしましょう。 逆に積極的に摂りたい栄養素は、ビタミンBです。 ビタミンB1、B2、B6、B12がありますが、これらを多く含む食品を 食事に取り入れるようにしたいものです。

毎日の食事に気を付けるとお肌の状態が良くなり、 ニキビ跡も治る可能性があります。 そしてニキビ跡が改善されるだけでなく、体調が良くなったり アンチエイジングにもつながります。 さらに適度な運動をする習慣を身に付ければ、 お肌の調子や体調に関する不安はなくなっていくでしょう。

洗顔の工夫でニキビ跡をきれいにしよう

ニキビができていたり、ニキビ跡が残って悩んでいる人は、 洗顔方法を工夫するとお肌の状態が改善することがあります。 毎日何気なく洗顔している人が多いと思いますが、 細かいことに気を付けるとお肌をキレイにすることができます。 洗顔だけでニキビやニキビ跡が解決するわけではありませんが、 かなり改善される可能性もあるのです。

まず、ニキビができている人もそうでない人も、洗顔のし過ぎは 要注意です。朝晩の2回くらいでしたら問題はありませんが、 ニキビを治したいあまり、それ以上洗顔するのは逆効果です。 なぜなら皮膚にとって必要な皮脂まで取り去ってしまうからです。 皮膚は脂が少ないことに危機感を感じて、もっと皮脂を分泌しようと してしまうのです。

また洗顔する際の水の温度も重要です。 冷たい水や熱いお湯で洗顔するのはよくありません。 汚れが落ちやすく、お肌に負担がかからないぬるま湯で 洗顔しましょう。 なお、洗顔の最後に冷たい水で毛穴を引き締めるのは 良いことです。

そして洗顔の際にゴシゴシお肌をこすらないように気を付けてください。 洗顔の仕方が乱暴だとお肌を傷つけるだけで、汚れをきちんと 落とすことができません。 手指で顔をこするのではなく、洗顔料の泡で顔を優しくなでるような イメージで洗うのです。

しっかりと泡立ち、その泡がつぶれない洗顔料を使うと良いでしょう。 これらは簡単にできる工夫ですから、これまで誤った洗顔をしていた方は すぐに改めてみてください。お肌の状態がすぐに変わってくるでしょう。 ニキビが治まってからもこの洗顔方法はそのまま続けてくださいね。 どなたにもおすすめできる方法ですから。

もしできれば、洗顔前に蒸しタオルをあてて毛穴を開かせると、 汚れの落ち方がさらによくなります。 蒸しタオルを準備するのは難しいと思われるかもしれませんが、 タオルを濡らして電子レンジで温めればいいので簡単です。 タオルは熱すぎないように気を付けてくださいね。 リラックス効果もあるのでおすすめです。

↑ PAGE TOP